いつまで送ればよい?内祝いを送る期間

そもそも内祝いとは何か?

結婚や出産といったおめでたい出来事があった場合には、身近な人やこれまでお世話になった人に対して、内祝いを贈るのが一般的です。この内祝いというのは、自分だけで幸せを独り占めするのではなく、周りの人々とそれを共有してみんなで祝ってもらうために贈るものであるとされています。贈る相手や品物について、特段厳格なルールが存在しているわけではないので、基本的には自分が贈りたいと思う人に対し、喜んでもらえそうなものを贈るようにすると良いでしょう。ただし、気合を入れすぎてあまりに高額の品物を贈ってしまうと、相手がビックリしてしまうおそれがありますので、相場を踏まえて適当な金額のものを選ぶようにするのがおすすめです。

内祝いはいつまでに贈るべきなのか

では、この内祝いはいつまでに贈るのが良いのでしょうか。これについては、厳格にいつまでという期限が設けられているわけではありませんが、基本的には早いに越したことはありません。もっとも、結婚や出産の際には、内祝いのほかにも、色々やらなければならない手続きなどがあるはずですので、まずはそれらを滞りなく済ませることに注力したほうがよいでしょう。 内祝いを贈るのはそれからでも遅くはありませんが、あまりに時間が空いてしまうと、相手の記憶が薄れてしまう可能性もあるため、できれば祝い事があってから1か月以内には品物が届くように準備をするのがおすすめです。なお、配送手続きをしてから相手のところに届くまでは数日を要するはずですので、ぎりぎりになって慌てることのないようにしましょう。