今後のことも考える!友人への内祝い

基本的なことを知っておきましょう

友人への内祝いをする場合、まずは基本的な知識を頭に入れておく必要があります。知らないと常識のない人だと思われたり、気を使わせてしまったりするためです。下手をすると、これから付き合い方に影響が出るかも知らないです。そのため知っておきたいのが、内祝いの金額についてで、高過ぎても安過ぎてもいけません。無難なのは頂いたお祝い額の半額、もしくは三分の一の金額にしておくことです。これはあくまでも目安なのですが、くれぐれも半額より高額にならないようにするのが大切で、わずかでもオーバーすると非礼になります。もしもお祝いに頂いた商品の金額がわからないなら、内祝いは二千円から五千円の間にしておくと失敗が少ないです。理由は友人へのお祝いの相場が、五千円から一万円だと言われているからで、その半額に当たるのが二千円から五千円の金額になるのです。

どのようなものを内祝いにするか

友人への内祝いでは、今後のことを考えると適当なものを渡すわけにはいきません。そこで相手によって渡すものを使い分けましょう。例えば料理が趣味の友人への内祝いなら、調味料の詰め合わせを選ぶと良いです。醤油や味噌、塩などは日持ちがするため、もらった方は慌てて使う必要がないのです。他にもお子さんがいるご家庭なら、ジュースの詰め合わせでも構わないです。大家族なら、お米にしておくと喜ばれることが多いです。また相手方がお酒好き、釣りが趣味などがわかっているなら、それに関連する商品を探して渡しましょう。仮にどのようなものが良いのかわからないなら、カタログギフトという手があります。これなら相手が好きなものを選べますし、何を内祝いするのか悩まなくてすみます。