気を遣う!?上司への内祝い

目上の方へのマナー!高級感のある内祝いがおすすめ

内祝いとは、結婚や出産などの祝い事があった際に「喜びを周囲にお裾分けする」ことを指します。日頃お世話になっている方にお祝いをいただいた場合、内祝いで何を贈ったら良いか悩みますよね。特に勤務先の上司には業務で迷惑をかけてしまったりすることも多く、内祝いでも失礼のない商品を選びたいものです。内祝いは基本的にお祝いをいただいた方にのみ贈りますが、その予算は大体いただいた額の2分の1とされています。上司の方から高額なお祝いをいただくこともありますが、その内祝いがあまり高額になってしまうと返って失礼になることがあります。そのため上司への内祝いはあえて3分の1ほどの金額で選び、お礼の手紙やカードを一緒に贈ることが多い様です。

有名店の贈り物なら間違いナシ!上司が喜ぶ内祝い

では、上司の方への内祝いには何を選んだら良いでしょうか。その方の嗜好を知っていれば選びやすいのですが、有名店のお菓子や百貨店セレクトの商品など、高級感のある商品なら間違いなく喜んでもらえるはずです。日本では人同士のつながりを「糸」で表現することも多いため、タオルなどの贈り物は非常に縁起が良いとされています。また甘いものが好きな方であれば、木の年輪を思わせるバームクーヘンも「長寿」や「繁栄」を連想出来る縁起物として内祝いにぴったりです。

それでも「一番喜んでもらえる贈り物をしたい!」と悩むのであれば、相手が好みの商品をチョイス出来るカタログギフトもおすすめです。目の肥えた方だからこそ、名店の商品が並ぶカタログギフトを楽しんでもらうことが出来ますよ。ぜひ参考にしてみてください。