いくらのものを選ぶ?内祝いの予算

一般的な相場を知っておこう!

出産の際親族や上司にご祝儀を貰った、結婚式に来られなかった人からご祝儀が届いた等と、内祝いが必要になる場面があるかと思います。内祝いには相手に贈る品物をどうするかということはもちろん、予算をどうしようか悩む人も多いようです。

一般的に、内祝いの相場ご祝儀の金額の半返しから3分の1というのがマナーになります。ご祝儀の相場は親族等の近い間柄からであれば5万円程度、会社の同僚等の関係性であれば2万円程度といわれています。こうした金額の傾向とご祝儀を貰えそうな人数を鑑みて、内祝いにどの程度の予算がかかりそうかを検討しましょう。具体的には、上司等の目上の人や年上の親族等には相手を立てるという意味で3分の1返し、それ以外の相手には半返しを目安にするとよいでしょう。

その他色々なマナーを覚えておこう!

また、全体的な予算以外にも内祝いの金額面で覚えておきたいマナーがあります。まず最初に、4000円等4が付いた金額のものは選ばない方が無難です。4は死を連想させる縁起の悪い数字とされ、失礼とみなされてしまう場合もあります。それに加え、予算は片手で数えられる1から5の中の4以外を基本にするとよいともされています。 その他、内祝いの中でも新築の内祝いは、基本的に新居に招くということがお返しになります。その際に相手に合わせて半返しから3分の1返しの金額の食事でもてなす等、ギフトを贈るときとは少し違った考えで内祝いを選ぶ必要があります。ご祝儀を金銭ではなく物で貰った場合には、その物の極力正確な価格をネットで調べましょう。内祝いが3分の1以下の金額の物になる等、失礼がないようにするためです。