近い人へのお返し!身内への内祝い

快気内祝いってどんなものなのか

快気内祝いは、病気や怪我などで入院・自宅療養していた人が、無事に退院したり、完治したときに、お見舞いへのお礼の気持ちをこめて贈るものです。現在では、デパートなどのギフトコーナーで品物を選び、郵送するのが一般的となっていますが、快気祝いの席を設けて、そこで手渡しするのも良いでしょう。退院、完治後1週間から10日後を目安に、入院・治療中に苦労をかけた知人や親族、とくに心配をかけた親しい人を自宅に招きます。病後であることを考慮して、大げさな会にならないよう気をつけましょう。招待された人も、早めに切り上げる気遣いが大切です。いずれにせよ、病気の回復を心から祝って、お互いに喜びあう気持ちを大切にしましょう。

快気内祝いにはどんな品物を贈るのか

快気内祝いは、昔から「病気はこれでおしまい」という気持ちから、食べてしまえば後に何も残らない赤飯や紅白の餅が快気内祝いの品にされました。現代でも、紅白の砂糖やかつお節などの食品やビール・ジュースなどの飲料、石鹸・洗剤など、食べたり使ったりした後には、何も残らない品物を贈るのが一般的ですが、古い慣習にとらわれず、実用品を贈ってもかまいません。表書きは「快気内祝い」として、紅白五本の結び切りの水引をかけます。 快気内祝いに礼状を添える場合は、感謝の気持ちを伝えるためにも、本人直筆の礼状を作成すると良いでしょう。品物を郵送する場合でも、デパートのギフトコーナーに依頼すれば、礼状を同封して発送してくれます。なお、目上の人には、言葉で感謝の意をお伝えして、お礼を贈る必要はありません。